ジャンキー番長『濁酒』
by bopstar
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
悲しきDNA
オイラの婆さんが宇久島サ
この婆さんときたひにゃあ
バツ3さんなだよ、ったくよう

島じゃチョックラ知られてる
「おタネ」さんで通ってる
おタネさんが道行けば
爺ちゃんたちがこえかける

着物と踊りが大好きな
陽気な婆さんダッタノサ

この婆さんの子供たち
みんな船乗りだったなか
うちの母ちゃんにあたる
次女の照子がまたすごい

あだ名は「日本佐衛門」と
男のような名で呼ばれ
男勝りの勇ましさ
いつも子分をしたがえて
ヤミもの調達に走るのさ

移り住んだは下関
唐戸の市場もにぎやかだった
一度オイラがガキのころ
一緒に市場についてった
市場のみんなは「カズ」ちゃんと
知らない名前で母をよび
たいそうサービスしてくれた

なんで「カズ」ってよばれるの?
母はわらって「昔のあだな」とだけいった

オイラのおじさんにあたる
船乗り連中も陸に上がるといつも
うちにいた
その中でも一番荒くれで
いつも海が好きといっていた
「トメ」にいちゃん
やっぱり海で死んじゃった
ちょうど見合いで結婚し
そのあとすぐのことだった

オイラのかあちゃんもげんきかなぁ
もう何年もあってない

松浦党や水軍と聞くとなにやら
ざわざわとそんなこんなを思い出す
もちろん血なんか繋がらない
家計図なんかみたこたない
だけどさわぐぜDNA

DNA~
あー、DNA
うずうずく~

日本全国駆け巡り
勢いあまって、海に落ち
そのま~まかぎりの
やつもいた

DNA・・
かなしきDNA~
[PR]
by bopstar | 2004-06-13 20:51
<< 島はいいよね 島だよね 二胡 >>